Lost All Direction

自分語りが多いです

四国へ 2

前回からの続きです。

 

かずら橋を渡って興奮冷めやらぬまま今度は高知県へ。

どうも友達は鰹が食べたい様子。高知県って鰹が名物だったんだ、知らなかった・・・。

 

f:id:dooom:20170513224918j:plain

f:id:dooom:20170513224919j:plain

 

親の敵が如く鰹を火炙りにし、たたきにして食べました。すごく美味しかったです。

1皿1200円とかお店に入るまではバカかと思いましたが、これは美味しい。1200円でも文句は言えません。

食べ終わりたくねえ、でも箸が止まらねえ・・・どうしたらいいんだ・・・とずっと言ってました。

鰹で小腹も満たし、次に行くところは桂浜。

坂本龍馬銅像が建っていることで有名なところですね。私は知りませんでした。

 

f:id:dooom:20170513224922j:plain

 

f:id:dooom:20170513224925j:plain

f:id:dooom:20170513224927j:plain

おあー・・・水平線がー・・・。なんか四国来てから景色すげー的な事しか言ってない気がします。

 

夜ご飯は友達が鯛飯食べたいとか言い出したので、それなりにお高そうなご飯屋さんへ。

f:id:dooom:20170513225011j:plain

f:id:dooom:20170513225012j:plain

f:id:dooom:20170513225013j:plain

 

えぇ・・・なんか割烹居酒屋っぽかったんですけど・・・めちゃくちゃ美味しいし・・・。

鯛飯は鯛が品切れのためなく鰺飯になりました。悔しいけど美味しい。

 

ちなみにこのお店は愛媛県にあったので、なんとこの2日間で四国四県全て回ったことになります。やったね!

この日はお昼ぐらいに宿(ビジホ)をきちんと確保してあったので前日のようにあたふたせず、到着後はすぐに就寝。

 

3日目、最終日。

温泉に入りました。

f:id:dooom:20170513224933j:plain

 

友達が四国に来たかった理由で一番大きいのがこの道後温泉

私はなんのこっちゃでしたが、中に入って確信。

ここ、千と千尋の神隠しのモデルだ。

しっかりありました。

f:id:dooom:20170513224934j:plain

 

ちなみにゴールデンウィークだからということもあり、めちゃくちゃ並んでて待ち時間2時間以上・・・。

発券をして電話番号を教えれば順番が回ってきたときにかけてきてくれるみたいだったので、とりあえず時間を浪費しに周辺をブラブラしました。

 

f:id:dooom:20170513224928j:plain

f:id:dooom:20170513224929j:plain

f:id:dooom:20170513224930j:plain

f:id:dooom:20170513224931j:plain

 

可愛いものセンサーが爆発しそうだったり美味しいものセンサーが激しく明滅したりで待ち時間過ぎるの早かったですよ。

温泉は、えぇ、よかったですよ。とても。帰りたくないと思ってしまいました。滞在時間は1時間ほどで、と注意を受けたのが余計拍車をかけたのかな。

 

小休憩を挿みつつ、夜中に淡路島のインターチェンジへ到着した頃にはへとへと。あと4時間は運転するんだなあ、友達が。

 

f:id:dooom:20170513225014j:plain

f:id:dooom:20170513225015j:plain

f:id:dooom:20170513225016j:plain

 

夜は夜でまた幻想的でしたよ、疲れが吹っ飛びました。

私は横に乗ってただけですけどね。

 

諸々端折りますけど、帰ってきたのは翌朝の6時。

お互いヘトヘトというか、主に運転してた友達が死にそうでしたけど、とりあえずチョコレートとガソリン代をあげました。これでチャラになるならチョロいながはは。

 

と、こんな感じで2泊3日の四国弾丸横断ツアーは幕を下ろすのでした。

あまりにもノープランでノーマネーなのも手伝ってかノーフューチャー感MAXでしたが、こうでなきゃ旅行は楽しくないね。(ダメ人間)

移動時間が多かったのでそれぞれの県への滞在時間はとても短かったけど、とても濃厚でギッシリとしたゴールデンウィークでした。

やはり自然はいいね、と実感。みんなも行こうよ。

 

 

 

f:id:dooom:20170513225018j:plain

 

ちなみに私の一番の収穫はジジとトトロ(中ぐらいの子)です。

 

おわり。