Lost All Direction

自分語りが多いです

無題

先日、また一つ歳を取った。

悩む振りをしつつ難なく生きてきた証だ。

絞首台への階段は十三段というのが多いらしく、俗に十三階段というがはてさて何段までこれを上るのやら。首をつるより飛び降りた方が早い段数まで上りそうな気がする。

 

 

近況。

 

また性懲りもなく、静岡は沼津へと足を運んできた。

これで3回目だが月1のペースで行っている気がする。

以前ラブライブ!サンシャイン!の聖地巡礼とか書いたような気もするが、確かにそれもあるが、私としてはどちらかというとブラブラと歩いたり観光したりしてリフレッシュとしての意味が強い。

f:id:dooom:20160913232426j:plain

f:id:dooom:20160913232444j:plain

 

やはり自然はいい。たっぷりと癒やされた。

そして

 

f:id:dooom:20160913232413j:plain

 

なんだ、その、まあ、いわゆる誕生日プレゼント(from自分)というやつだ。

ブレスレット。約4万円。お金の価値観は人それぞれだ。(逃げ)

 

3回目ではあるが今回もとても自然を満喫でき実に有意義な小旅行であった。

 

ちなみに、ショルダーバッグも新調した。

f:id:dooom:20160917001950j:plain

 

今まで使っていたaniaryというブランドから、土屋鞄というブランドに。

上品しかしカジュアルでなおかつどこか無骨な感じがあるので30~40代からかな、とは思っていたが革のエイジングのことも考えるとちょうど良いかなと。

これで遠出が楽しみになる要素が増えた。

 

 

ブログのタイトルLost All Direction、八方塞がりとは言うものの、なんだかんだのこのこと生きている。いや、そもそも塞がっちゃあいない。

生きる意味が最初からわかっている人間もいれば、わからない人間もいるはずで、確実に私は後者であって。

生きる意味を探しているようで探していない、宙ぶらりんの状況ではあるが、だからこそ、ここまで永らえているのかもしれない。

こんな下らないことを言っているからこそ、この先もきっとだらだら生きているのだろうなとは思う。

 

私はきっと、どこまでも半端者なのだろう。